→ HOME PAGE
→ 外来魚情報交換会
→ 募集要項
→ 案内&申込用紙
→ プログラム

第十七回「外来魚情報交換会」

〜  案 内  〜

UPDATE 2022/2/8



参 加 の 受 付 は 締 め 切 ら せ て い た だ き ま し た!

外来魚情報交換会は予定通り開催しますが、参加は事前予約いただいた方のみとなります。

当 日 参 加 ご 遠 慮 下 さ い。
 

開 催 日 2022年2月5日()・6日(
受   付 (5日)12:00〜
(6日) 9:00〜
開 催 時間 (5日)13:00〜16:30 ※時間帯は発表数によって変更する場合があります。
(6日) 9:30〜12:05 ※新型コロナの動向によっては単日の開催になる場合もあります。
懇 親 会 ※当会主催の懇親会は行いません。
会   場 キラリエ草津(草津市立市民総合交流センター) 5階(502・503会議室)
 
滋賀県草津市大路町2-1-35 ※JR琵琶湖線「草津駅」東口から徒歩5分  周辺地図はこちら
      前回までとは違う会場ですのでご注意下さい。
テ ー マ 外来魚を中心に、水辺の外来生物に関する様々な情報の交換と相互交流
目   的 ブルーギルやブラックバス等の外来魚をはじめとする水辺の外来生物防除に関する様々な情報を持ち寄って発表し、
お互いの情報を交換することによって外来生物防除に対する意識と知識を高め、お互いの連携を深めることを目的とする。
内   容 外来魚の情報であれば駆除方法や生態などジャンルを問わない。発表者・参加者も滋賀県下にこだわらず広く参加を募る。
特に発表者に関しては、一般市民をはじめ、漁業者・行政・研究機関・学者・学生・釣り人等々から広く参加を募り、
外来魚の現状、生態、駆除方法から釣り方のコツまで幅広い視点からの情報収集を行う。話し手・聞き手を同じ目の高さにし、
発表ごとに質疑応答の時間を設けることで情報交換とともに参加者相互の交流も目指す。
プログラム 5日(
 12:00〜    受 付
 12:55〜13:00 開 会
 13:00〜13:15 明石川と共に生きる〜神戸市絶滅危惧Bランク ヒラテテナガエビとアメリカザリガニ〜
         西岡龍之介(玉一アクアリウム)
 13:15〜13:30 外来魚を活かしたい
         
北岡龍ノ助(サニーサイドインターナショナルスクール)
 13:30〜13:45 "言う資格"と、おまけ"オーストラリアの外来種"
         青木崇博(十月期間)
 13:45〜13:55 休 憩
 13:55〜14:10 アメリカザリガニの普及啓発 伝えたいポイント
         
片岡友美(認定NPO法人 生態工房)
 14:10〜14:25 大正川の袋詰め玉石設置工事・浚渫工事に伴う外来種防除〜カメ類を中心にして〜
         
西堀智子(和亀保護の会)
 14:25〜14:40 2020年夏に沖縄島300水系で一個人が直接確認した外来魚の分布
         
嶋津信彦(しまづ外来魚研究所)
 14:40〜14:50 休 憩
 14:50〜15:05 二枚貝類に対するチャネルキャットフィッシュIctalurus punctatusによる捕食の影響について
         萩原富司(土浦の自然を守る会
 15:05〜15:20 愛知県矢作川におけるチャネルキャットフィッシュの採集状況
         
吉田 誠(国立環境研究所琵琶湖分室)
 15:20〜15:35 大阪府淀川におけるチャネルキャットフィッシュの現状
         
山本義彦(大阪府立環境農林水産総合研究所 生物多様性センター)
 15:35〜15:45 休 憩
 15:45〜16:00 洗堰上流に侵入したチャネルキャットフィッシュの殲滅まであと少しだったのに
         石崎大介(滋賀県水産試験場)
 16:00〜16:15 自然共生研究センターにおけるコクチバス研究の紹介〜三重県櫛田川での取り組み〜
         
松澤優樹(土木研究所 自然共生研究センター)
 16:15〜16:30 コクチバスを巡るいくつかの話題
         
森 誠一(岐阜協立大学)

6日(
  9:00〜    受 付
  9:30〜 9:45 <話題提供>ジャンボタニシの卵の誤解
         高田昌彦(琵琶湖を戻す会)
  9:45〜10:00 木津川におけるコクチバスの繁殖生態
         
久保 星(龍谷大学大学院理工学研究科)
 10:00〜10:15 三方五湖に生息するミシシッピアカミミガメの繁殖場所の探索
         神野有祐(福井県立大学 海洋生物資源学部)
 10:15〜10:25 休 憩
 10:25〜10:40 淀川城北ワンドにおける経年的な外来魚駆除効果
         
糸永祐二(大阪工業大学工学部都市デザイン工学科)
 10:40〜10:55 淀川城北ワンドにおける洪水攪乱による外来魚の拡散・増加への寄与
         田中悠太(大阪工業大学工学部都市デザイン工学科
 10:55〜11:10 三春ダムにおけるオオクチバスの継続的な防除でみられた確認状況の長期的変化
         坂本正吾(応用地質株式会社)
 11:10〜11:20 休 憩
 11:20〜11:35 琵琶湖南湖におけるオオクチバス親魚の効率的な駆除方法の検討
         
田口貴史(滋賀県水産試験場)
 11:35〜11:50 ザ・ブラックバス・バレン: 市民調査でのキーポイント
         斉藤憲治((一社)水生生物保全協会)
 11:50〜12:05 外来生物法の見直しと侵略的外来魚の取り扱い
         中井克樹(滋賀県立琵琶湖博物館)
 12:05     閉 会

※プログラムは予告無く変更する場合があります。
 
主   催 琵琶湖を戻す会
共   催 全国ブラックバス防除市民ネットワーク
後   援 滋 賀 県 ・ 草 津 市
       
定   員 外来魚情報交換会:先着60名 ※コロナ感染予防対策のため会場定員の半数で実施します
参 加 費 外来魚情報交換会:無 料 (資料代*:1,000円 *希望者のみ
参 加 資格 なし
参加申込み ※事前申し込みが必要です。   → 詳しくはこちら
問合せ先 琵琶湖を戻す会   もしくは 090-8527-3752(琵琶湖を戻す会 事務局)
 

→ 先頭に戻る
→ HOME PAGE
→ 外来魚情報交換会

第十七回「外来魚情報交換会」 募 集 要 項

下記の項目を 全 て 記 入 の上、メールにてお申し込み下さい。  

 参加者名
 :

 ふりがな :

 所  属 :
※あればで結構です(名札に印字されます)

 連 絡 先 :(住 所)
        (電 話)
        (メール)

 情報交換会:両日とも参加 ・ 5日のみ参加 ・ 6日のみ参加

 発  表 :発表する ・ 発表しない

        発表する場合のテーマ「                 」
       
※発表テーマは“水辺の外来生物”に関するものに限ります。(※国内移入種も含む)

発表者募集先着順で受け付け、発表枠数に達し次第締め切らせていただきます。
 ※締め切った場合は当HPでお知らせします。
◆発表時間は一人15分程度を予定しています。
◆同時に複数名申し込まれる場合は全員のお名前と代表者の連絡先をお書き下さい。
       
申し込み先 : 琵琶湖を戻す会 事務局
★受付完了のメールが届かない場合は他の方法でお知らせ下さい。★
 
 
ご 参 加 い た だ け れ ば、 皆 さ ん の 外 来 魚 対 策 活 動 に 必 ず お 役 に 立 ち ま す !!

→ 先頭に戻る
→ HOME PAGE
→ 外来魚情報交換会

第十七回「外来魚情報交換会」 案内&参加申込用紙

PDFファイル版 exchange2022a.pdf   SIZE 306KB    
Wordファイル版 exchange2022a.docx   SIZE 23KB   ※申込用紙のみ 

ダウンロードして自由にご利用下さい。
ただし、内容は予告無く変更になる場合があります。


情報交換会に対するお問い合わせはこちらにお願いいたします。