→ HOME PAGE
→ 外来魚情報交換会
→ 募集要項
→ 案内&申込用紙
→ プログラム

第十二回「外来魚情報交換会」

〜  案 内  〜

UPDATE 2017/1/20


事 前 申 込 は 締 め 切 り ま し た !!

参 加 を 希 望 さ れ る 方 は 直 接 会 場 に お 越 し 下 さ い

開 催 日 2017年1月28日()・29日(
受   付 (28日)12:00〜12:55
(29日) 9:00〜 9:30
開 催 時間 (28日)13:00〜17:30
(29日) 9:30〜13:00 ※時間帯は発表数によって変更する場合があります。
懇 親 会 (28日)18:00〜
会   場 草津市立まちづくりセンター 3階(301・302会議室)
 
滋賀県草津市西大路町9-6 ※JR琵琶湖線「草津駅」西口を西に200m  周辺地図はこちら
テ ー マ 外来魚を中心に、水辺の外来生物に関する様々な情報の交換と相互交流
目   的 ブルーギルやブラックバス等の外来魚をはじめとする水辺の外来生物防除に関する様々な情報を持ち寄って発表し、お互いの情報を交換することによって外来生物防除に対する意識と知識を高め、お互いの連携を深めることを目的とする。
内   容 外来魚の情報であれば駆除方法や生態などジャンルを問わない。発表者・参加者も滋賀県下にこだわらず広く参加を募る。特に発表者に関しては、一般市民をはじめ、漁業者・行政・研究機関・学者・学生・釣り人等々から広く参加を募り、外来魚の現状、生態、駆除方法から釣り方のコツまで幅広い視点からの情報収集を行う。話し手・聞き手を同じ目の高さにし、発表ごとに質疑応答の時間を設けることで情報交換とともに参加者相互の交流も目指す。情報交換会と懇親会とのセットで1つのイベントと考えている。
プログラム 28日(
 12:00〜12:55 受 付
 12:55〜13:00 開 会
 13:00〜13:20 外来魚問題とチャネルキャットフィッシュ
         金子健一(大阪府立水生生物センターサポートスタッフ)
 13:20〜13:40 淀川城北ワンド群における外来魚対策とその効果
         木村裕月・中村恵里奈樹(大阪工業大学 都市デザイン工学科)
 13:40〜14:00 淀川水系イタセンパラ保全市民ネットワ−クの活動2016
         内藤 馨(大阪府立環境農林水産総合研究所水生生物センタ−)
 14:00〜14:20 淀川水系木津川の魚類相とコクチバスの現状
         高松真也(近畿大学農学部環境管理学科水圏生態学研究室)
 14:20〜14:30 休 憩
 14:30〜14:50 芥川下流域(大阪府高槻市)におけるナイルティラピアの記録
         花崎勝司(高槻市立自然博物館(あくあぴあ芥川))
 14:50〜15:10 外来魚は意外にグルメ!? 神上沼における外来魚の食性
         久岡知輝(滋賀県大生き物研究会)
 15:10〜15:30 生き物研究会の活動の効果は? 稚魚の駆除効果と在来魚の復活
         北野大輔(滋賀県大生き物研究会)
 15:30〜15:50 エリ漁獲からみた外来種の近年の動向について
         山根 猛
 15:50〜16:00 休 憩
 16:00〜16:20 琵琶湖における外来魚リリース禁止の取り組みについて
         曽我部共生(滋賀県琵琶湖政策課)
 16:20〜16:40 アメリカザリガニ連続捕獲装置の開発と集中捕獲
         長谷川政智(シナイモツゴ郷の会)
 16:40〜17:00 外来生物の再利用〜 駆除対象生物を「商品化」して被害にあっている地域に新しいビジネスを作る
         西村純代(株式会社Do.ベガHOME)
 17:00〜17:20 地域で取り組むアカミミガメ防除〜東播磨の場合〜
         西堀智子(和亀保護の会)
 18:00〜    懇親会

29日(
  9:00〜 9:30 受 付
  9:30〜 9:50 沖縄島における水辺の外来生物の分布
         嶋津信彦(しまづ外来魚研究所)
  9:50〜10:10 オオタナゴの特定外来生物指定、これまでと今後の課題
         萩原富司(土浦の自然を守る会)
 10:10〜10:30 岡山市某所で急速に勢力を拡大する外国産タナゴ
         青 雅一(岡山淡水魚研究会)
 10:30〜10:40 休 憩
 10:40〜11:00 神奈川県金目川における国内外来種フクドジョウの生息状況と繁殖に関する知見
         畠山 類(株式会社建設環境研究所)
 11:00〜11:20 琵琶湖漁港内のオオクチバスの産卵状況と釣獲駆除
         山本充孝(滋賀県立琵琶湖博物館)
 11:20〜11:40 五稜郭における釣獲によるブルーギルの根絶の可能性
         工藤 智((地独)北海道立総合研究機構さけます・内水面水産試験場)
 10:40〜11:50 休 憩
 11:50〜12:10 遺伝子編集技術を用いた不妊化魚による外来魚の根絶を目的とした遺伝子制圧技術の基盤開発
         石川 卓((国研)水産研究・教育機構 増養殖研究所
 12:10〜12:30 遺伝子制圧技術による外来魚の根絶のための実証魚の開発に向けて
         岡本裕之((国研)水産研究・教育機構 増養殖研究所
 12:30〜12:50 オオクチバスの捕食選択性
         佐野聡哉(滋賀県水産試験場)
 12:50〜13:10 ダム貯水池における主として水位変動に関連したオオクチバスの繁殖抑制手法
         中井克樹(滋賀県立琵琶湖博物館)
 13:10     閉 会

※プログラムは予告無く変更する場合があります。
 
主   催 琵琶湖を戻す会
共   催 全国ブラックバス防除市民ネットワーク
後   援 滋  賀  県
協   力 環境再生保全機構地球環境基金
       
定   員 外来魚情報交換会:先着100名
参 加 費 外来魚情報交換会: 無  料 (資料代:500円)
懇   親   会:4,000円
(予定)
参 加 資格 なし
参加申込み ※事前申し込みが必要です。   → 詳しくはこちら
問合せ先 琵琶湖を戻す会   もしくは 090-8527-3752(琵琶湖を戻す会 事務局)
 

→ 先頭に戻る
→ HOME PAGE
→ 外来魚情報交換会

第十二回「外来魚情報交換会」 募 集 要 項

 発表の受付は終了しました  参加の受付は継続中です!!
下記の項目を 全 て 記 入 の上、メールにてお申し込み下さい。  

 参加者名
 :

 ふりがな :

 所  属 :
※あればで結構です

 連 絡 先 :(住 所)
        (電 話)
        (メール)

 情報交換会:両日とも参加 ・ 28日のみ参加 ・ 29日のみ参加

 発  表 :発表する ・ 発表しない

        発表する場合のテーマ「                 」
       
※発表テーマは“水辺の外来生物”(国内移入種も含む)に関するものに限ります。

 懇 親 会 :参加する ・ 参加しない


発表者募集先着順で受け付け、発表枠数に達し次第締め切らせていただきます。
◆発表時間は一人15分程度を予定しています。
◆同時に複数名申し込まれる場合は全員のお名前と代表者の連絡先をお書き下さい。
申し込み先 : 琵琶湖を戻す会 事務局
 
ご 参 加 い た だ け れ ば、 皆 さ ん の 外 来 魚 対 策 活 動 に 必 ず お 役 に 立 ち ま す !!

→ 先頭に戻る
→ HOME PAGE
→ 外来魚情報交換会

第十二回「外来魚情報交換会」 案内&参加申込用紙

PDFファイル版 exchange2017a.pdf   SIZE 303KB    
Wordファイル版 exchange2017a.doc   SIZE 43KB   ※申込用紙のみ 

ダウンロードして自由にご利用下さい。
但し、内容は予告無く変更になる場合があります。


情報交換会に対するお問い合わせはこちらにお願いいたします。